pluie

ゲーム日記 アニメ感想など 雑食な奴のブログです。  
2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鉄のラインバレル 「死に方が決める生き方」

 簡単に流れと感想を・・・。
 
 加藤機関とJUDAとの共同戦線。さぁどうなるのかなぁ?
 蒼穹のファフナーに近いキャラデザだよね。

 続きを読むをマウス(左クリック) してね。

 拍手もヨロシクお願いしますキラリラ
衛星軌道上に現れた空間の歪みにより 地球上は不気味なオーロラと不可思議な日食を引き起こす。
加藤機関のジャングリラとJUDAのフラッグが同調システムに移行する。

 その同調システムの名ですよね?”ランデブー”ってw くすっと笑った。
 
全地上防衛部隊の配備が完了し、市民の避難も一部を除き完了しつつある。
配備完了の早さには加藤機関が世界を統一してきた結果、地上に設置された
スフィアは地球を守る為のシールドを作り出すシステムだった。

第一次部隊に続き マサキの乗るグランネイドルが出現。
マサキはシャングリラに攻撃し、スフィアのシステム破壊した。

 マサキが最後の敵?なんかなぁ。。1番弟子(笑)の裏切りってあり?
 それより、刺さってるミサイル?をシールド破る前に壊したほうがよくね?w
  
シャングリラは同調システムを諦め、加藤久嵩は総司令として最後の命令を下す。
「理想の未来を想像し、それを必ず実現せよ!」と。
絵美に謝罪し、早瀬に後の事を託してグランネイドル後方に出現した高質量の物体へ
シャングリラは体当たりをする。

 加藤久嵩は最初からこうする事を決断していたんだろうな。妹を早瀬に託したり
 するのは そのためだったか。最後は地球の為に散った加藤久嵩は本望かな。

押さえていた力が感情と共に暴走する早瀬浩一。
ラインバレルのバックアップをする森次玲次は他のマキナに地上支援を支持した。
それもシャングリラが作ったヘリオスへのルートができたから。

 暴走はするけど森次さんが居れば大丈夫な気がする。森次さん heart02

地上ではあの刺さったミサイルは爆破するのでなく人類を何かに変化させて吸収していた。
壊しても壊しても減らない的のマキナと兵器。「我々と1つになれ」と宗美から告げられる。
一方、早瀬はグランネイドルの本体ネイキットと交戦中、マサキは今の早瀬の無活であると
システムの中でこそ活きるものだと言う。
早瀬は嫌だとマサキの言い分を御託と拒否をする。
早瀬にとって正義の意味はカッコイイから 御託を並べるのはかっこ悪い。

 単純w早瀬。この台詞を生かすための正義の味方さんだったんだ。
 始めはウザくて仕方なかったw

マサキは早瀬の守るものごと消し去ろうとラインバレルを突き刺す。
ラインバレルは修復されるがその先にいた城崎絵美は死亡?
感情が爆発した早瀬はマキナとしての真の姿を現そうとしていた。
 
 あらら^^;結局、死んじゃうんだ。
 森次さんだけは死なないでね♪(おぃ

次回 最終回「鋼鉄の花」 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://vxxmiuxxv.blog42.fc2.com/tb.php/41-6b1a7926
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。